ゴルフ初心者の方への総合Navi
ゴルフ ワード枠
 

ゴルフ初心者入門そのA

ゴルフ入門(ショートゲーム)

実際にコースに出て プレーをする時には 前ページで説明したようなフルショットだけでなく、短い距離のショットを コントロールして打つことが 多々出てくる。
そうした時に使うショットのことを 総称して ショートゲームと言うが ショートゲームのショットには 下の絵のように ピッチ・ショット、チップ・ショット、バンカー・ショット、パッティングの 4種類がある。

ピッチ・ショットは ボールを フワッと 上げて打つショットで、落下地点までの距離の方が ボールの転がる距離より長いショットである。

一方、チップ・ショットは 転がすショットで、ボールの落下地点までの距離より、その後ボールが転がる距離の方が長いようなショットである。

バンカーショットは 直接ボールを打たない (砂のアクションを 利用する) ショットで、その打ち方は ちょっと 独特なものである。

パターは、何種類ものスタイルがあり、最も個性が出るショットといった具合。

ピッチショットは、距離をどのようにあわせるかが一番のポイントで、バックスイングの腕の位置を時計の針で言えば、8時、9時といったところで止めて距離と転がりをコントローする。
ここでも手打ちにならないよう、体 (肩) の回転で打つように注意しましょう。

チップショットは、ボールを右足の前に置き、小さくクラブを引いて、そこから肩の回転が腕と手をリードするようにしてボールを打つ。

バックスイングよりフィニッシュの方が少し高くなるようなイメージで打ち、フィニッシュでは クラブフェースと手の甲がターゲットを指すように。

バンカーショットは 広めのスタンスでオープンに構え、クラブフェースを開いて アウトサイドインの軌道でボールの 5 - 10センチ手前の砂にクラブを落とすように打つ。
早めに手首をコック (折る) させ、そのコックを解かないように打つのがコツ。
バンカーはハザードの一種で クラブのソールを砂につけるとルール違反になる。

パターは 主に グリーンの上でボールを柔らかく転がし、カップに入れるために使うもので、打ったボールの方向とスピード (距離) の調整を正確にすることが重要。
その打ち方には、非常に多くのスタイルがあります。

ショート・ゲームの練習には サンドウェッジを 1本準備して下さい。
そして、それを使って前述の パッティングを除く ショットを練習してみましょう。

ゴルフ初心者入門 ショートゲーム

ゴルフ入門(ゴルフ道具選び)

コースに出るとなると ゴルフクラブのセット、ゴルフシューズ、ゴルフボールなどが必要になる。
競技では 最大 14 本までのクラブを使用できるが、クラブは高価なものなので 自分の好みが分かるまでは、中古クラブやハーフセット (ショートアイアンを中心に 4、5本) を使っても良いでしょう。

規定最大の 14本を使用しなくとも十分プレーは出来るもです。
クラブの種類には、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターなどがあり、打ちたいボールの距離や高さなどに応じて それらを使い分けることになる。

さて、下の絵を見て下さい。
全てのクラブの中でドライバー (1) が一番遠くにボールを飛ばせるクラブだが、シャフトが長くコントロールの最も難しいクラブです。

次いで、3番ウッド (スプーンとも呼ばれる) (2) などのフェアウェーウッドがあり、最近では ハイブリッドとかユーティリティ クラブなど (3) と呼ばれるクラブも使われるようになっています。

アイアン (4)
は 3番から 9番とピッチングウェッジまでの 8本セットとして売られているものが一般的だったが、最近は ロングアイアンがない (5番からピッチングウェッジまでの) セットも良く見かけるようになっています。
それは 色々なフェアウェーウッドやハイブリッドといったクラブが出回っていることにも因るが、ロングアイアンが難しいクラブだと考えられているからでもあります。

また、サンドウェッジ (5) は クラブフェースの傾き (ロフト) が最もあるクラブで (56度前後) ボールを高く上げたい時に使ったり、バンカーで使うクラブで、所謂、ショートゲームには欠かせないクラブです。

さらに、グリーン上でボールを転がしてホールに入れるために使うクラブが パター (6) ということになります。

ゴルフ初心者入門 道具選びクラブ

また、ショットをする時は 通常 左手に グリップが滑らないようにグローブを着用する。

ゴルフシューズの底には滑りを防止するために (ソフト) スパイクや滑り止めの溝などが付いている。
(昔は一般的だったメタルスパイクの靴は 使用できないコースが多いので 要注意。) ティーは コースでも手に入るが、バッグの中に 常時 入れておくと良いでしょう。

その他、グリーン上で必要になる小道具には、ボールが落ちた時に出来る凹み (ボールマーク) を修復するためのリペアツール (グリーンフォークなどとも言う) やボールをマークするためのコイン、ボールマーカーなどがあります。

また、ゴルフ・ウェアーは 襟の付いていないシャツやジーンズ、短い半ズボンなどでは プレーできないコースが 一般的なので 気を付ましょう。

Favorite

絵画 販売
下鴨神社 結婚式
 
ゴルフバカ一代.com