ゴルフ初心者の方への総合Navi
ゴルフ ワード枠
 

ゴルフ会員権について

ゴルフ会員権とは?

ゴルフ会員権」はゴルフ会員「権」となっております。
権利」であることはご理解頂けると思います。
この「権利」は、預託金返還請求「権」と施設優先利用「権」の複合的な「権利」とされております。

預託金とは

何も無い所にゴルフ場を造るために資金が必要で、その資金を金融機関以外の他人(一般の個人や法人)から集め無利息で預かったお金のことです。
この預けて有るお金を返してくれと「請求する権利」が「預託金返還請求権」です。

利用権とは

ゴルフ場を造るためのお金を出したのだから出さない者より優先的(料金の低減、施設の利用の保証など)にゴルフ場を利用させると言うのが「施設優先利用権」です。
この2つが合体したものがゴルフ会員権です。

ゴルフ会員権の税務当局の規定は

ゴルフ会員権は税務当局によれば「金銭債権以外の債権」で、「動産」でも「不動産」でもないとされています。
別荘地やその建物、宝石、骨董品などは生活に「通常必要でない資産」=「ぜいたく品」とされています。

ゴルフ会員権も「生活に通常必要でない資産」であるにもかかわらずこれまでは細かい規定の網の目からこぼれておりました。
ゴルフ会員権は現在「ぜいたく品」には分類されておりません。
ゴルフ会員権の売買は「総合課税の譲渡所得」とされております。

簡単に申し上げれば売って利益が出たら年収に合算して所得税、地方税を納め、売って損をしたら年収から損失額を引いて(損益通算)所得税、地方税を納めるわけです。

ゴルフ会員権の「ぜいたく品」への分類指定は現在は行われておりません。
よって譲渡損が出れば損益通算ができます。
ですが、政府税制調査会の答申で将来ゴルフ会員権への課税を分離課税とするべきであると答申されております。
いずれ近いうちにゴルフ会員権が分離課税とされます。
そうならないうちに今お持ちのゴルフ会員権を一度見直してください。

ゴルフ会員権の名義書換とは?

ゴルフ場の会員募集で入会する以外は全て現在の会員からゴルフ会員権を譲り受けて入会します。
ゴルフ会員権を他人から入手した時点では、権利は前の所有者に有る状態です。

前の所有者から自分に登録名義を替えて下さいと申請するのが入会申し込み=名義書換です。
このとき名義を替える手数料としてゴルフ場から請求されるのが名義書換料です。
名義書換料はゴルフ会員権の名義を替えるために必要な費用ということになります。

ゴルフ会員権の売買とは?

ゴルフ会員権は「資産」です。
当然売買の対象となります。権利を売買します。
ですが、有価証券ではないと申し上げました。

ゴルフ場が名義書換をしないと権利が発生しないとも申し上げました。
大変危険な商行為に見えます。
事実危険です。

通常、ゴルフ会員権と購入代金との同時決済が一般的です。
お金と引き換えにゴルフ会員権を受け取っておりますが、この時点では権利は旧名義人のものです。
名義書換を申し込んでから名義書換が完了するまでに1ヶ月から数ヶ月かかるところが一般的です。
お金は払ったのに自分の物でないと言うおかしな現象が起こります。
こうした事態に対応する方法が1つだけ有ります。

ゴルフ会員権譲渡通知書について

ゴルフ会員権を買ってお金は払ったが名義書換が終了するまでの空白を埋めるものとして「ゴルフ会員権譲渡通知書」があります。
この書類は文字通り旧名義人を差出人としてゴルフ場に対し新名義人にゴルフ会員権を譲り渡した旨を内容証明郵便で送付するものです。

内容証明ですから後日裁判沙汰にでもなるようなことが起こった場合に証拠としてすぐに使えます。
ゴルフ会員権取引業者から会員権を買うと必ず付いてくる書類です。
書類の作成方法、発送の仕方等細かな点は業者に聞けばわかります。

ゴルフ会員権情報サイト

ゴルフ会員権の相場を定期的に更新しているサイトがあります。
少しでも高く売りたい、また少しでも安く買いたい方は利用してみるといいでしょう。
電話やメールで問い合わせれば、親切に対応してくれます。
こういったサイトでは、会員権をご購入・ご売却する際の注意点とアドバイスなど、役に立つ情報が多く掲載されています。
ですので、初心者の方は、困ったときに参考にするといいでしょう。

ありがとうございます

最後まで、ご高覧頂き厚く御礼申し上げます。
ゴルフ会員権は少なくとも数十万円単位の資金が必要な財産です。
よほどの事がない限り生涯での売買の回数は限られたものになります。
それだけに後悔をするような失敗はさけたいものです。

ゴルフ会員権 ゴルフ場

注目サイト

パワーストーン
http://www.manaishiya.com/
 
ゴルフバカ一代.com